見直しはどうすれば良い?

上で述べましたが、保険の見直しは自力でもできなくはありません。各種保険会社はインターネット上でサービスの概要を提示していますので、自分でそのような情報を収集して、今以上に自分に合った保険がないかを調べてみるのです。少なくとも国内の保険会社や外資系の保険会社、ネットで展開している保険会社など、いくつかのフィールドのサービスを見てみるのがよいでしょう。

そのような仕方で保険の見直しをする場合は、ちゃんと自分の中で基準や条件を定めておくべきです。たとえば「予算」です。月々または年間の支払いがいくら以下でないと加入しないという条件を持っておかなければ、数ある保険の中から自分に最適なものを選ぶことはいつまでたってもできません。なぜなら保険は、保険料を払えばいくらでもすぐれたサービスを受けられるようになっているからです。また「どんなサービスが自分には必要で、どんなサービスは不要か」を明確にしておくことも必要です。

実のところこのように自力で保険の見直しをする能力は、無料相談窓口を利用するとしてもある程度は身に着けておくべきものです。自分で下調べをしておけば無料相談の際もアドバイスされることの意味がわかりますし、より自分に合った情報を取捨選択できるからです。