無料相談窓口の利用方法

では実際に無料相談窓口を利用するにはどうすればよいでしょうか。直接来店することもできますが、まずは電話で予約するのがよいでしょう。たいていはインターネットでも相談予約ができますので、日中は忙しくて電話できないという方におすすめです。そしてこの段階で資料請求をしておくのも効果的です。

次に、実際に相談当日に窓口に足を運ぶと、まずは現在加入している保険についての診断がなされます。自分の現在の経済状況や、どんな保険を希望しているのか、また今後の生活設計などについても詳細な聞き取りがなされます。この聞き取りに備えて、事前に保険に対する自分の要望や、自分の現在および将来の生活設計についてある程度考えをまとめておくのがよいでしょう。

聞き取りが終わると、今度は窓口のアドバイザーが保険見直しをする余地のある部分について紹介・提案をしてくれます。自分の希望と現在加入している保険を比べて何か不足しているものがあれば、その部分をサポートしてくれる保険を紹介してくれますし、さらに将来を見据えて必要な保険があれば、それも紹介してくれます。

もちろんここまでの相談で終わることもできますし、実際に保険の変更を希望すれば、変更の手続きまでサポートしてくれます。大切なのは、まず無料相談の予約を取り、実際に一度窓口に行ってみることです。また、中には来店が難しい場合や遠方の場合、訪問を行っているところもあります。このようなところを活用すれば、保険の見直し相談を手軽にすることができますし、アドバイザーは親身になって必要な保険を提案してくれますので、きっと相談してよかったと思えることでしょう。

無料相談窓口がおすすめ

自分でもできる保険見直しですが、ぜひ一度は検討してみるべきなのが無料相談窓口の活用です。「高い保険を勧めてくるのでは」という印象をお持ちの方もいらっしゃいますが、決してそのようなことはありません。なぜなら無料相談窓口はたいていの場合、保険会社そのものではなく、アドバイザーも特定の保険会社の営業員などではないからです。ですから一つの保険に偏ったアドバイスを与えたりはしないのです。数十もの保険会社のサービスの中から一人ひとりにぴったりと適合する保険を選んでくれるのです。

この無料相談窓口の他のメリットですが、なんといっても無料であることが挙げられます。ほとんどの場合、無料相談窓口は保険会社から代理手数料を受け取り、それによって運営されているのです。これは実のところ無料相談窓口を使って保険の新規加入や変更をされる方が多いことも意味しています。もちろん、相談したけどやはり保険は今のところそのままでいいと考えられる方もいらっしゃいますが、そのような場合でも相談費用が発生したりはしません。「無料相談窓口を利用すると、保険変更の際の手続きの手数料が直接保険会社と契約する場合よりも高くなるのでは」と心配される方もいらっしゃいますが、そのようなことがないのも無料相談窓口のメリットの一つです。

見直しはどうすれば良い?

上で述べましたが、保険の見直しは自力でもできなくはありません。各種保険会社はインターネット上でサービスの概要を提示していますので、自分でそのような情報を収集して、今以上に自分に合った保険がないかを調べてみるのです。少なくとも国内の保険会社や外資系の保険会社、ネットで展開している保険会社など、いくつかのフィールドのサービスを見てみるのがよいでしょう。

そのような仕方で保険の見直しをする場合は、ちゃんと自分の中で基準や条件を定めておくべきです。たとえば「予算」です。月々または年間の支払いがいくら以下でないと加入しないという条件を持っておかなければ、数ある保険の中から自分に最適なものを選ぶことはいつまでたってもできません。なぜなら保険は、保険料を払えばいくらでもすぐれたサービスを受けられるようになっているからです。また「どんなサービスが自分には必要で、どんなサービスは不要か」を明確にしておくことも必要です

実のところこのように自力で保険の見直しをする能力は、無料相談窓口を利用するとしてもある程度は身に着けておくべきものです。自分で下調べをしておけば無料相談の際もアドバイスされることの意味がわかりますし、より自分に合った情報を取捨選択できるからです。

保険見直しのメリット

保険というのは自分や家族の人生、生活において生じるかもしれないまさかの事態に備えて入っておくものです。保険の主体は自分自身であり、保険によって利益を得るべきなのも自分自身または自分の家族です。しかし保険を上手に利用するかどうかは自分次第です。自分に合った保険に加入している人もいますが、中には保険会社の営業の人に勧められるままに加入し、あるいはただ友人が入っているからとか広告で見たからなどという動機で加入し、結果的に損をしている人も少なくありません。自分には不必要な保険に加入している人も中にはいます。

保険の選び方で失敗すると百害あって一利なしです。毎月の出費は増えるのにいざというときに活用できない、そんな最悪なケースも起こりえます。このようなことにならないためには、最初から慎重に保険を選んでおくことが重要です。しかしすでに何らかの保険に加入している場合はどうでしょうか。このような場合も手遅れではありません。そんな時こそ「保険見直し」をするのです。保険見直しはまさに改めて自分に合った保険を手遅れになる前に選ぶ助けとなります。

保険の見直しは、もちろん自分個人で情報を収集することによってもできるのですが、なんといっても保険の種類は多種多様です。いろんな保険を比較検討して見直しをしたければ、やはり保険見直し専門の無料相談窓口に相談するのがよいでしょう。無料相談を利用するのも意外と手軽な手続きでできますので、ぜひ活用したいものです。